2013年12月28日

吾輩、予防接種

吾輩、予防接種をされる。
当たり前だが注射は嫌いだ。

一方、飼い主は獣医助手が若くて可愛い娘なので嬉しそうである。

体重が昨年の8.4kgから7.55kgに激減。
問題は無いらしい。

posted by 吾輩は猫である at 18:52| Comment(26) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2012年07月12日

ナナの誕生日

7月12日は吾輩の嫁(一号)であるナナの誕生日だ。

早いもので4歳になる。

人間に換算すると32〜40歳であるから、オバサンにカテゴライズしても差し支えなかろう。
しかし、ナナはヒゲの垂れた童顔で子猫の様に落ち着かない性質もあり、とても吾輩と同じ年齢には見えない。

DSC_0068.jpg

アビシニアンは割と短命な猫らしいが長生きしてもらいたいものだ。

posted by 吾輩は猫である at 12:00| Comment(18) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2012年04月27日

サバト予防接種

今日はサバトが三混合ワクチンを接種された。

吾輩としては嬉しくもないが、動物病院が移転してやたら立派な建物になっていたそうだ。


病院帰りのサバトと一緒に、ウエットフードやシーバを食わせてもらう。
これはかなり嬉しい。


posted by 吾輩は猫である at 22:41| Comment(54) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2011年12月12日

三混合ワクチン接種

一年ぶりに動物病院に連行され、三混合ワクチンを接種された。


患獣は白衣を見ると恐れを抱く。
しかし、吾が主はニヤニヤする。


非常に不気味である。


それというのも、妙齢の動物看護師さん方の、白い作業パンツが薄い&タイト過ぎだからであろう。
この制服は、膝や裾などが二重に補強された看護用の物だが、いかんせん尻周りの生地が薄いのだ。
裁断・裁縫の具合からして安物ではなさそうだが…。正直、インナーが透けまくっている。

この動物病院に来る飼い主様方はご婦人ばかりだし、まったくもって誰が得するのか不明である。



吾輩の体重は、8kgという結果であった。


posted by 吾輩は猫である at 20:09| Comment(28) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2011年12月11日

自家浄化槽 ブロアポンプ交換

十年以上、ノーメンテで放置していた自家浄化槽のブロアポンプが故障して停止した。

当然である。

そして汚臭が室内、特に風呂場に充満した。

当然である。


流石に吾が主も、糞尿の臭いに包まれて入浴するのには耐えられず、自家浄化槽のポンプを交換する事となった。

購入したのは、テクノ高槻のXP-40。

テクノ高槻XP-40。


通販での本体価格は、14000円程度で安いが、一年毎に交換しなければならないダイアフラムは6000円ぐらいしてしまう。
パーツ交換無しで二年程度持つなら、丸ごと交換した方が確実な感じではある。
とりあえず、ポンプを設置した周辺に砂利を敷詰め、泥跳ねを軽減する。

ポンプ交換後、ミタゲンM1という酵素・微生物製剤を二袋トイレから流す。
翌日には、汚臭がだいぶ少なくなった。


自家浄化槽内のブロアの泡が吹き出している動画を掲載しようかと思ったが、それは自粛しておこう。




posted by 吾輩は猫である at 20:38| Comment(66) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2011年12月03日

ナナ シャンプー

今日もナナだけが洗われた。

ナナのシャンプーの頻度が高いのは、彼女がかなりのフケ症だからである。

使用したシャンプーはフジタ製薬の薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー。
このシャンプーは、の体質にナナ合っている様で、フケや痒みを抑えてくれる。
しかし、薬用のシャンプーゆえ泡立ちが悪く、しっかりと洗い流す必要も有るので面倒だ。

結局、この薬用シャンプーはナナ専用に使われている。


ナナの風呂上りのオヤツは「猫の時間 ささみ&貝柱」これはもちろん吾輩も食わせてもらう。

猫の時間 ささみ&貝柱


posted by 吾輩は猫である at 19:26| Comment(53) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2011年10月29日

サバトの誕生日

本日、10月29日(トラフグの日)はサバトの誕生日だ。

彼女は普通より大分小さく生まれてはいたが、現在ではベンガルの雌としては普通ぐらい。一般的な雌猫としては大きいサイズにまで順調に成長した。
もちろん、すこぶる健康であり、毎日吾輩と取っ組み合いをしたり一緒に昼寝などしている。

サバト



愛猫の誕生日を祝うのは飼い主の義務であり、その御裾分けを頂くのは先住猫たる吾輩の権利である。


さて、肝心のプレゼントはというと……



黒缶パウチ


【箱売り】黒缶パウチ ささみ入りまぐろとかつお 80g お買得96袋
http://item.rakuten.co.jp/chanet/76515/


いつもと同じ、安物のウエットフードであった…


しかも、主はケチなので、毎日の夜食(夜のオヤツ)の際に一袋を三等分にし、カリカリと混ぜて吾々に出す。
その上、吾輩の分は、お湯で増量されていたりする。


サバトは食い物に対して保守的で、いつもと違うエサを避ける傾向があり、また主も毛艶やフケの増減、糞の調子を見て問題無しと判断すると、なかなかエサを変えたりはしない。
しかし、吾輩とナナは目新しい食い物を好むのだ。
また三ヶ月間も夜のオヤツがこればかりとは残念でならない。

たまには違う主食、オヤツを用意してもらいたいものだ。


ちなみのこの黒缶パウチは総合栄養食なので、オヤツというより主食的な食い物かもしれん。



posted by 吾輩は猫である at 20:21| Comment(20) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2011年09月26日

三周年

今日でちょうど三年になる。早いものだ。
なにが三年かというと、吾輩がこの家に保護(拉致監禁)されてからである。

毎年、この時期になると飼い主は、傍らに居る吾輩と子猫の頃の写真と見比べて怪訝な顔をする。



三年前の吾輩


2011_09_23_5d2_070.JPG
最近の吾輩


そして彼はつぶやくのだ。

『どうして…こうなった…』と。


まったくもって失敬な男である。



posted by 吾輩は猫である at 22:01| Comment(15) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2011年09月09日

虫下し投与

雲子(うんこ)から虫は発見されていない。
しかし、定期除虫として現代製薬製犬猫の虫下し「ゲンダイ」を飲まされた。

投薬量は
吾輩は一包、ナナは1/3包とサバトは2/3包。


主には「ウンコ・ドゥ・ソムリエ」の称号を与えたい。


posted by 吾輩は猫である at 12:01| Comment(14) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2011年08月26日

ナナ予防接種

本日、ナナが三種混合ワクチンを打たれた。
posted by 吾輩は猫である at 12:00| Comment(43) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬