2009年06月28日

【恒例】虫下し投与【六月】

今月もナナとサバトは二分の一錠づつ“バイエル薬品ドロンタール錠”が投与されたが、満一歳となった吾輩は今月の投薬は免除された。

虫下しの投薬は、基本的に仔猫は毎月、成猫は二〜三ヶ月おきになるらしい。

吾々は野外に出ないので、回虫等をもらうことは無い。しかし、野外から進入する鼠や昆虫、不衛生な飼い主によって回虫が媒介される可能性があるのだ。


飼い主にも、虫下しとノミ・ダニ駆除薬を投与したらどうだろうか?
posted by 吾輩は猫である at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2009年06月23日

【毎月恒例】フロントライン プラス投薬【ノミ駆除】

吾輩とナナ、新入りもノミは見当たらず痒い処は無いのだが、お互いのエチケットとして、いつもの「フロントライン プラス」を投薬される事となった。

この薬剤の注意書きには、体の大きさにかかわらず「全量滴下せよ」とあるのだが、貧乏性の吾が飼い主は、この高価な薬剤のピペット一本(0.5ml入り)から…
------------以上先月のコピペ------------

今回は吾輩はピペット一本全量。ナナとサバト(仮)には、相変わらずケチッて半分づつの投薬となった。



投薬量を優遇されても嬉しくないのである。

------------以上先月のコピペ------------
posted by 吾輩は猫である at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2009年06月21日

体重測定

吾輩が6.2sで先月より200g増
ナナは2.4sで先月より100g増
サバトは2.7sで先月より300g増

ナナとサバトを見比べると体重以上に大きさの差が出来てきた。
それは体毛の長さの違いの為だと思われる。

サバトはベンガル猫としては小柄だが、極めて小さく生まれた事や雌であることを考慮すれば、順調に生育していると言えるだろう。

しかし、飼い主が気にしているのはナナの小ささと吾輩の肥大化だ。


posted by 吾輩は猫である at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2009年06月18日

シャンプー

毎月恒例となってしまった行水である。

今回は吾輩が最初に洗われ、次いでナナ、サバトという順序だった。

実は、この行水というのは意外と手間が掛かる。
まずは、風呂に入る前に良く櫛を通して毛玉が出来ない様にする。これを怠るとシャンプーもしにくくなるのだ。
また、耳垢も先に掃除して、湯と共に耳奥に入らないようにしなければならない。

吾輩は長毛種なので、地肌まで濡らすだけでも多量の湯を必要とする。洗面器で八杯ぐらいだったと思う。
いよいよ、洗う段になっても二度洗いしなくてはムラになるし、シャンプー液を確実に洗い流す為には、また多量の湯を被らなければならない。
ちなみに、頭や顔、耳などは濡らした手拭いで拭かれる。

身体を乾かすにも、櫛を通しながらドライヤーをしなければ毛玉が出来てしまう。これが相当時間が掛かる。
風呂から上がったら、さらに櫛を通し、獣毛ブラシで仕上げる。耳に入った水も綿棒で吸い取るのだ。

下準備に三十分、シャンプーに三十分、乾燥等に三十分。合計一時間半は拘束されるので、吾輩は毎度グッタリしてしまう。
もう少し、飼い主には手際よく作業をして欲しいのだが、吾輩が大人しく我慢しているのを良いことに、彼は時短の努力を怠っているのだ。

不思議なのは短毛種であるとはいえ、ナナやサバトは吾輩の半分程度の時間で全て済む事である。


それにしても、風呂上りのウェットフードは旨い。
これを楽しみに毎月大人しく洗われている。
posted by 吾輩は猫である at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2009年06月14日

5月の写真

最近、飼い主がパソコンを占領していて、当ブログの更新が出来ない。

仕方が無いので先月の写真だけアップしておく。
http://canzoni.biz/gatto/p/200905/
posted by 吾輩は猫である at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2009年06月01日

今日は吾輩の誕生日(推定)である

今日、六月一日は吾輩の誕生日(推定)である。

元野良である吾輩の誕生日は不明だ。そこで飼い主が適当に、月齢計算の楽な六月一日と吾輩の誕生日を定めた。
まぁ。ほぼ正しい時期であろう。

愛猫の誕生日を祝うのは、飼い主の権利であり義務である。もちろん、それにプレゼントが伴うのは当然の事だ。

必然的に吾輩の期待は高まっていたのだが、飼い主の用意したプレゼントは…

Petstages for CAT 「チーズ・チェイス」


Petstages for CAT 「チーズ・チェイス」
http://www.petstages.com/cats/playing/cheese-chase.html


ショボイ。

アメリカンな毒々しいカラーリングが目に沁みる。
仔猫なら喜びそうだが、一歳になる吾輩には物足りないオモチャだ。正直、二十円のネズミのオモチャの方が刺激的であり、飽きずに遊べる。

偏屈な飼い主が機嫌を損ねるといけないので、お義理で遊んでみた。その動画をアップしておこう。




http://www.youtube.com/watch?v=gimoRbfDfOc
posted by 吾輩は猫である at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | おもちゃと運動・遊び