2010年11月29日

虫下し投与

主が別室に一人で隠れてコソコソと夕食の準備をしている。

非常に怪しい。

たしかに“モンプチ・スープメニュー”を食料庫から持ち出すのを確認したので、吾々の期待は否応無く高まっていたのだが……。


待つ事暫し……。


メシよこせ


それにしても、不自然なまでに給餌の準備に時間が掛かりすぎる。

極めて怪しい。



そして、ハイテンションになっていた吾々の前に出された夕食は…

なぜか?白濁した“モンプチ・スープメニュー”であった。

これは色々な意味で(謎)怪し過ぎる!
ナニを混入されたか知れた物では無いっ
しかもなにやら苦らっぽい臭いまでしてきやがりますのだ!

この男から白濁した食い物を供されて、素直に食える者が居るであろうか!?


しかも、普段なら聞いてもいないのに「これは高かったのだ」とか言いながら恩着せがましく給餌をするのが常である筈なのに、今日に限っては無言でソレを吾々の前に押し出したのだ。

コレは裏が有るに違いない。

しかし『出されたモノは全て食う』のが吾輩流のテーブルマナーである。

吾輩に不気味な視線を向ける主の様子を伺いつつ、渋々食らう。

この怪しさが香りたつシロモノは“モンプチ・スープメニュー”ではなく“モンプチ・クリーミースープ”の様に見える。

参考画像↓
モンプチ・スープメニュー
モンプチ・スープメニュー

モンプチ・クリーミースープ
モンプチ・クリーミースープ


予想通りというか、幸いというか、この白濁の正体は砕いて混入された“バイエル薬品ドロンタール錠”であった。



当然、鼻の効くナナとサバトをコレを食いたがらない。
サバトは、またもソレに砂かけアピールまでしている。

こんなモノ食えるかっ

仕方が無く、白濁スープにシーバデュオを砕いてトッピングし、なんとか食わされていた。



【定期除虫】
バイエル薬品ドロンタール錠
ナナ:二分の一錠
サバト:一錠
吾輩:一と二分の一錠
posted by 吾輩は猫である at 23:54| Comment(16) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2010年11月21日

10月の写真

10月に撮影した写真をアップした。
http://picasaweb.google.com/111855203669807652827




写真を整理する時間が無くて困っている。
posted by 吾輩は猫である at 00:00| Comment(20) | TrackBack(0) | 猫と雑感

2010年11月20日

フロントライン投与

ノミは見当たらず痒い処は無いのだが、またもや「フロントライン」を投薬される事となった。

今回は、吾輩は「フロントライン プラス」をピペット一本。
ナナとサバトは「フロントライン・スプレー」を吹付けられていた。
posted by 吾輩は猫である at 00:00| Comment(24) | TrackBack(0) | 健康と病院・お薬

2010年11月05日

尖閣衝突ビデオがYouTubeに流出

あぁ。
これはホンモノっぽいですな。



ネットの時代を改めて感じさせられる事件だ。

ところで、ユーチューブは足が付き易いから告発系の投稿には不向きである。
投稿者はそれを知らなかったのであろうか?
それとも、より沢山の人々の目に触れさせる為にリスクを犯したのであろうか?

吾輩だったら、密かに投稿するのであればユーチューブだけは避けるであろう。



posted by 吾輩は猫である at 02:20| Comment(17) | TrackBack(0) | 猫と雑感