2009年07月05日

カリカリの保存方法

最近の主食は、三匹とも違うカリカリになっている。

なにかを見てしまったナナ


吾輩は「ヒルズ サイエンスダイエット ライト 肥満傾向の成猫用」サバトは「ANF タミキトン 仔猫用」ナナは「ANF タミアダルト 成猫用」と「ANF タミキトン 仔猫用」を混ぜたものを主食としている。
ちなみに、味的には吾輩のが最低でナナのが最高だ。

瓶に小分け


ケチな飼い主は、割安な大袋を買うのでカリカリが酸化してしまう可能性が高い。また、風味が落ちてしまうのも好ましくないのだ。
よって、ガラス瓶にカリカリを小分けして保存しているのである。

決して、吾輩が袋を破ってつまみ食いするのを防ぐ為ではない。


余談だが、吾家の台所はケージで覆われている。

姑息な結界


この中に飼い主が入ると、彼は珍獣にしか見えない。
posted by 吾輩は猫である at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつと猫缶・ドライフード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30322253

この記事へのトラックバック